長期休暇には空き巣対策を!

投稿日:

もうすぐお盆ですね。

 

休暇をとって帰省や旅行に行く方々も多いと思います。

 

 

ところで、お盆とお正月は空き巣狙いが年間で最も増加する時期なのはご存知ですか?

 

 

手口はほとんどがガラス破りです。

 

クレセント錠付近のガラスに穴を開けて解錠し侵入するものです

 

空き巣被害現場写真

 

奴らは、一般の住宅から店舗、会社事務所、工場など狙う先は無制限です。

 

 

特に

 

 

会社の寮や社宅は居住者が一斉に留守になることが多く、絨毯爆撃の様に複数の住戸が被害にあう例が少なくありません

 

空き巣の絨毯爆撃イメージ

 

中でも1階が被害にあう確率が圧倒的に高いです。

 

空き巣狙いたちは出来るだけリスクの少ない犯行をしようとします。

 

ゆえに侵入しにくく発見されやすい上層階を狙うよりも侵入しやすく逃げやすい1階を狙うのは当然です。

 

そして、犯行は極力短い時間で済まそうとします。

 

 

ですから、ガラスを破ろうとしても、そこで時間がかかった場合や、時間がかかりそうな場合は侵入を諦める確率が高くなります

 

 

 

侵入を諦めさせる対策としては

 

・警備システムの導入。

・監視カメラの設置。

・ガラスを防犯ガラスにしたり、防犯フィルムを施工する。

・窓に補助錠を取り付ける。

 

などが有効です。

 

そして、それらを施してあると言う事を外に向けてアピールすることが抑止効果を高める為にも重要です。

 

 

 

しかしながら、厳重な対策を取る時間や経済的な余裕がない場合は、最低でも補助錠は取り付けるべきです

 

 

補助錠と一口に言っても沢山の製品があります。

 

 

中でも当社も扱っていて非常に評判がよく取り付けも簡単なお勧めの製品は、綜合警備保障株式会社(ALSOK)が発売している

ALSOKロックです

 

alsok_lock.jpg

 

 

この製品は窓ガラスの室内側に貼り付けるだけなので、女性でも簡単にお取り付けできるうえ、外側にはALSOKのロゴマークが見えるため、さながら警備システムが導入されている様にも見えます 

 

 

ただし、取り付けできない場合もありますので、あらかじめALSOKロック取り付け注意事項をよくお読みになって下さい。

 

 

 

 

 

空き巣に入られた方々は皆こう仰います。

 

 

「ウチなんかに入ったって何にも盗るもの無いから絶対に入らないと思ってった。」

 

 

盗るものが有るか無いかなんて、あらかじめ泥棒には解りません。

 

それに、実際に何も盗られなかったとしても、ガラスの修理や荒らされた室内の片付けが大変ですし、何よりも

 

 

得体の知れない何者かが侵入した

 

 

と言う事実が非常に気持ち悪いものです。

 

 

 

みなさん!くれぐれも他人事と思わずに、防犯対策をしっかり取ってから安心して休暇を楽しみましょう

 

ガラス修理は安くて速いグラセックへ!

0120-011-395

一般的な住宅の引き違い窓の単板ガラスの割れ替え修理なら、お電話だけで概ねの金額をお見積もりできます。

大型のショーウィンドウや自動ドア、ペアガラスなど特殊なガラスの修理は現場を拝見してから正確なお見積もりをいたします。

料金をご提示させて頂き、安さにご納得頂いてから施工いたします。グラセックの料金が安い理由はこちら

縦200センチ×横100センチくらいまでの単板ガラスなら当日修理もいたします。(在庫が切れていたり現場状況や天候等によってはご希望に添えない場合もございます)

割れたガラスの処分は当方で負担いたします。

ご不明な点は、どんなことでもお気軽にご相談ください。